着物の種類について

着物には、様々な種類があります。

 

T・P・Oによって着用する着物の種類が変わります。色々な約束事がありますが、解り易くご紹介します。

 

ここでは、着物の種類別に名称・用途・特徴等を解説します。

 

 

黒留袖

 

ミセスの第一礼装です。

 

広告1

 

用途

結婚式のお仲人さん・親族・その他改まった儀式に着用します。

特徴

黒地に染め抜き五つ紋を入れます。

 

生地は重めの一越縮緬(ひとこしちりめん)です。

 

黒留袖の柄付けは、前身頃から後身頃にかけての裾模様のみで、胸や袖にはありません。

 

模様は、格調ある吉祥文様や古典文様が主で、染めと手刺繍、箔等を加えた重厚なものが多いです。

 

八掛は着物地と同じ共八掛です。

 

正式には留袖の下に白下着を重ねる「本重ね」ですが、現代では、重ね着のように見える「比翼仕立て」が一般的です。

着付け

半襟は白のみです。

 

帯は丸帯か袋帯で、二重太鼓結びをします。帯揚げ、帯締めも白です。金銀等の柄も用います。

 

礼装用の扇子を帯の左前に差します。草履、バッグは礼装用を用います。

色留袖

 

ミス、ミセスの第一礼装です。

 

広告1

 

用途

結婚式、園遊会、パーティー、式典等に着用します。

特徴

黒色以外の地色に染め抜き五つ紋を入れます。

 

五つ紋を入れると黒留袖と同格ですが、三つ紋にする事もあります。

 

生地は重めの一越縮緬(ひとこしちりめん)、変わり縮緬、綸子等です。

 

色留袖の柄付けや模様や八掛、「比翼仕立て」は、黒留袖と同じです。

着付け

基本的には黒留袖と同じです。

 

半襟は白のみです。

 

重ね襟等、色物も用います。

 

帯は丸帯か袋帯で、二重太鼓結びをします。

 

帯揚げ、帯締めも白です。金銀等の柄も用います。

 

礼装用の扇子を帯の左前に差します。

 

草履、バッグは礼装用を用います。

 

大振袖(本振袖)

 

ヤングミスの第一礼装です。現代の主流です。

 

広告1

 

用途

成人式、謝恩会、結婚式、記念式典等に幅広く着用出来ます。

特徴

袖丈が長く、くるぶし近くまであります。

 

生地は、紋綸子、綸子、縮緬等です。

 

大振袖の柄付けは総模様で、古典調柄・現代柄・抽象柄・友禅染め・絞り染め・刺繍・箔等豪華でバリエーションに富んでいます。

 

八掛は着物地と同じ共八掛です。

着付け

お好みで、刺繍入り半襟や重ね襟をします。

 

又、帯揚げ・帯締めもお好みで変わり結びをします。

 

帯は丸帯か袋帯で、変わり結びをします。

中振袖

 

ヤングミスの第一礼装です。

 

広告1

 

用途

成人式、謝恩会、結婚式、記念式典等に幅広く着用出来ます。

特徴

袖丈は大振袖より短く、膝とくるぶしの中間の長さです。

 

柄付けや模様や八掛は、大振袖と同じです。

着付け

大振袖と同じです。

 

お好みで、刺繍入り半襟や重ね襟をします。

 

又、帯揚げ・帯締めもお好みで変わり結びをします。帯は丸帯か袋帯で、変わり結びをします。

訪問着

 

ミス、ミセスの準礼装です。

 

広告1

 

用途

入学式、卒業式、お宮参り、結納式、お茶会、パーティー等に幅広く着用出来ます。

特徴

柄付けは襟・胸・袖・裾にかけて絵羽付けされています。

 

八掛は着物地と同じ共八掛です。

 

模様は、古典調柄・現代柄・抽象柄・友禅染め・絞り染め・刺繍・箔等豪華でバリエーションに富んでいます。

 

紋を入れる場合は三つ紋が最高で、格式をより高めます。

 

近年は、紬の訪問着等の準礼装より軽めの「おしゃれ訪問着」もあります。

着付け

お好みで、刺繍入り半襟や重ね襟をします。

 

帯は袋帯で、二重太鼓や変わり結びをします。

付下げ

 

ミス、ミセスの準礼装です。

 

広告1

 

用途

入学式、卒業式、お宮参り、結納式、お茶会、パーティー等に幅広く着用出来ます。

特徴

柄付けは、上前身頃と衽(おくみ)に柄が上向きになるように配置されています。

 

八掛は別八掛です。

着付け

訪問着と同じです。

 

お好みで、刺繍入り半襟や重ね襟をします。

 

帯は袋帯で、二重太鼓や変わり結びをします。

色無地

 

染め抜き一つ紋入りの場合は、ミス、ミセスの準礼装です。訪問着、付下げと同格です。

 

広告1

 

用途

入学式、卒業式、お宮参り、結納式、お茶会、パーティー等に幅広く着用出来ます。

特徴

縫い紋一つ紋にすると、準礼装より軽めになり、一層着用範囲がひろがります。

 

色や地模様により、弔事・慶事に応用出来ます。

 

生地は、無地縮緬・鬼縮緬・紋意匠・紋綸子等の地模様のみで、柄はありません。

着付け

慶事には重ね襟も用います。

 

帯は袋帯・名古屋帯等を結びます。これにより着用範囲が広がります。

 

弔事には、黒共帯を用います。この場合の帯揚げ・帯締めは喪服用の黒の物にします。

 

卒業式には袴と合わせます。

小紋

 

型染めの着物地です。一般的にミス、ミセスの外出着や普段着で、おしゃれ着の代表です。

 

広告1

 

用途

同窓会、パーティー、観劇、お茶会、お稽古等幅広く着用出来ます。

特徴

「小紋」とは小さい模様と云う意味で、連続模様を生地全面に配置しています。

 

元々は大名の裃(かみしも)に使用されていました。

 

現在では自由に着用出来るように、模様の大きさや配置に限定はありません。

着付け

一般的に帯は名古屋帯を結びます。半幅帯等もよいです。

 

但し、小紋の中でも古典調の気品のある格調高い模様の物には、袋帯を結びます。

お召し

 

ミス、ミセスの外出着や普段着で、おしゃれ着になります。

 

広告1

 

用途

同窓会、パーティー、観劇、お茶会、お稽古等幅広く着用出来ます。

特徴

先染めの糸を用いた平織りの織物で、江戸幕府の第11代征夷大将軍徳川家斉が好んだ事から「御召」と呼ばれています。

 

御召は通常の縮緬よりもコシがつよく、紬よりはしっとりと馴染む独特の風合いがありあります。

着付け

袋帯、名古屋帯、半幅帯を結びます。

 

お召しは縮緬の一種ですが、お召しの種類や地模様によっては準礼装にもなります。

 

ミス、ミセスの外出着や普段着で、おしゃれ着になります。

 

広告1

 

用途

同窓会、パーティー、観劇、お茶会、お稽古等幅広く着用出来ます。

特徴

染め着物ではなく、織りの着物ですから高価であっても格式のある場所へは着用出来ません。

 

日本各地で織継がれた歴史があり、格式はありませんが、おしゃれ着物の代表です。

 

軽くて、皺になりにくい為、旅行等にも人気があります。

着付け

何と云っても外出着や普段着で、おしゃれ着ですので、名古屋帯を結ぶのが一般的です。

 

紬の柄付けによっては、金銀模様のない袋帯も結びます。